大阪の英会話教室に通うだけで満足せずにスピーキング力をつける

英会話
人差し指を立てる男性

今年の春こそ、英会話を始めよう

英会話を始めてみようか、となんとなく考えているあなた、まず一歩を踏み出すことから始めてはどうでしょうか。まずは、図書館で英会話の教本(CD付きのが望ましい)を借りて、少しずつ進めてみましょう。できれば1日分のノルマが決まっているドリル形式のものが進めやすいですね。1日何かの用事や病気などで聞けなかった場合でも落ちこまずその次の日はやる、という具合に肩の力を抜いて気楽に始めてみましょう。そういうのが長く続けるコツです。本格的にやろうと思ったら、改めてその本を買えばいいでしょう。その勉強を数ヶ…

MORE ▶

今年の春こそ、英会話を始めよう

人差し指を立てる男性

英会話を始めてみようか、となんとなく考えているあなた、まず一歩を踏み出すことから始めてはどうでしょうか。まずは、図書館で英会話の教本(CD付きのが望ましい)を借りて、少しずつ進めてみましょう。できれば1日分のノルマが決まっているドリル形式のものが進めやすいですね。1日何かの用事や病気などで聞けなかった場合でも落ちこまずその次の日はやる、という具合に肩の力を抜いて気楽に始めてみましょう。そういうのが長く続けるコツです。本格的にやろうと思ったら、改めてその本を買えばいいでしょう。その勉強を数ヶ月続けることが出来たら今度は英会話学校に通うことを考えてみましょう。一人で学習しても会話の知識はある程度身につきますが、やはり、学校に行って先生と会話のキャッチボールをしてみてこそ、英語は本物になるのです。私たちが日本語を学んだ課程もそうですね。幼い時から親や周りの人が話しかける、それを覚えて返すということを繰り返して言葉を覚えていったのです。講師は英語圏のネイティブであることが望ましいです。不安を感じるかもしれませんが、私たちが英語を使う状況とは日本語が通じない時なのでそういう場慣れの意味もあります。講師も「こう言ったらいいよ」とう指導をしてくれるので、間違ってもいいので積極的に話してみましょう。

おすすめ記事

TOP