大阪の英会話教室に通うだけで満足せずにスピーキング力をつける

英会話
人差し指を立てる男性

今年の春こそ、英会話を始めよう

英会話を始めてみようか、となんとなく考えているあなた、まず一歩を踏み出すことから始めてはどうでしょうか。まずは、図書館で英会話の教本(CD付きのが望ましい)を借りて、少しずつ進めてみましょう。できれば1日分のノルマが決まっているドリル形式のものが進めやすいですね。1日何かの用事や病気などで聞けなかった場合でも落ちこまずその次の日はやる、という具合に肩の力を抜いて気楽に始めてみましょう。そういうのが長く続けるコツです。本格的にやろうと思ったら、改めてその本を買えばいいでしょう。その勉強を数ヶ…

MORE ▶

英会話が出来ると仕事の幅が広がります

スマホを持っている男性

昨今のビジネスでのグローバル化は急速に進んでいます。国内の企業が、海外企業と連携して、それは、グローバルシナジーを狙ったサービスを展開していることからも分かります。ところで、こういった中にあって、最前線に行けば行くほど語学力が必要になって来ます。つまり、英会話の能力です。昔であれば、言葉は通訳を通せば十分でしたが、通訳は言葉のプロではあっても、その業界のプロではありません。例えば海外から工業製品を輸入することを考えると、そこでの話題は、通貨レート、経由する銀行口座、工業製品の技術的情報、国際規格、知的財産権、等々の様々な業務があります。ですから、その部分の交渉などを行う上でも、英会話のスキルは非常に重要になって来るのです。ですから、仕事の幅を広げるためにも、英会話は重要なのです。しかし、そのように言うと、英会話の「敷居」を更に高く感じるかも知れませんが、言葉は「習うよりも慣れろ」と言う要素が大きいとも言えます。ですから、身近なところでは、動画投稿サイトなどで子供向けの英語スキットを見るとか、実践的な部分では英会話スクールに入ってみて、ネイティブの講師に生の英語を習ってみることから始めてみれば良いと思います。英会話スクールなどで慣れることが出来たら、英語はひとつの趣味にもなるかも知れません。仕事の幅が広がるだけではなく、趣味の幅も広がることと思います。

おすすめ記事

TOP